人気ブログランキング |

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

地域支援企画員からの報告

地域支援企画員からの報告_a0051612_2095029.jpg
 須崎市役所駐在の県地域支援企画員の片岡正法です。11月20日(日曜日)、須崎市城山公園の避難路に、上部から覆いかぶさる危険な雑木を伐採した黒潮森林倶楽部の活動ぶりを、ご紹介させていただきます。

 もともとこの伐採行事は、南海地震・津波など非常時の避難場所に指定されている同公園のアクセス道路へ、いざという時には倒木し、避難行動の妨げになるのではという多くの市民の不安な声を聞いたのが発端です。

 そこで南海地震対策を重要課題とする地域支援企画員の立場から、間伐現場で知り合った黒潮森林倶楽部の中山盛隆会長や、辻高志事務局長にご相談したところ、「自分達の命は行政に頼らず、自分達で守るべき」との素晴らしい決断をお二人がされ、自主防災組織や町内会、PTAなど幅広く声かけをしたうえで、自分達自ら切ってみようとの方向付けがなされたものです。市役所の協力もあったわけですが、「自分達で・・・」という、お二人のこうした男気に改めて敬意を表するものです。

地域支援企画員からの報告_a0051612_20103461.jpg さて、あらかじめ法面の草刈や小径木の取り除きをした後の本番では、須崎森林組合のプロ3人(高所作業)、黒潮森林倶楽部の精鋭7人の指導のもと、自主防災会の4組織を中心に約50人のボランティアが参画してくださり、わずか3時間程度の作業とはいえ、4トン車1台分のチップ材が搬出できる程のはかどり具合でした。

 発生した雑木の一部は、校有林でもあることから須崎小学校体育館に運び込み、須崎林業事務所の職員3人の指導により、森林愛護の精神をアピ?ルする紙芝居のあと、学童・PTA約50人らに木工クラフト、松葉杖づくり、サスマタづくりを楽しんでもらいました。

 小学4年生を中心に作られた木工のオブジェは、光る感性のものが多数あり、そのまま自宅に持って帰らすのは惜しいとして、須崎郵便局に展示することにしました。そして、さりげなくオブジェ群の机の下に、木製ハシゴや簡易松葉杖を置いて一般市民の防災意識高揚も狙いました。

 言い遅れましたが、本行事は高知県こうち森の日推進事業の一環で行った「わくわくチャレンジの防災木工事業」と称するものです。

地域支援企画員からの報告_a0051612_201165.jpg それから体育館では震災を想定した心肺蘇生法、人の運搬法などを須崎消防署の職員に実演指導してもらい、また、須崎警察署からはサスマタをつかった暴漢の取り押さえ法指導なども教職員を対象に入念に行われました。

 昼前後には山の現場も体育館も怪我人を出さずに作業が終了し、主催者一同ほっとしたことでした。市議会議長も視察に訪れ多くの市民の避難場所の現状に何か心動かされるものがあったと思います。

 単なる立木の伐採行事でなく、市民の皆さんに危機管理意識を持っていただく機会として、少し役立ったかなと今振り返って感じています。高知市、四万十市など遠方から応援に駆けつけてくださった森林ボランティア関係者の皆さんに深く感謝申し上げます。以上で報告を終ります。(片岡)

【写真】提供:朝日新聞社

*****************************
[ひとくちメモ]

■地震・津波の緊急避難路を住民が整備(須崎の城山公園)
地域支援企画員からの報告_a0051612_2017149.jpg
 南海地震想定の津波からの緊急避難場所に指定されている須崎市鍛冶町の城山公園への緊急避難路を地域住民らがボランティアで整備した・・・[more]

 [more]=ブログ:四万十通信(17.12.2)
by shizen100s | 2005-12-03 20:30 | 地域支援企画員

森林ツーリズム

■土佐の森・救援隊が町有林を間伐(梼原町)
森林ツーリズム_a0051612_745854.jpg

 昨年、梼原町(中越武義町長)との森林整備協定に基づいて、NPO法人 土佐の森・救援隊の、森林ボランティアたちが、同町太郎川の町有林で、間伐作業を行なった。これは県の森林環境税「地域通貨制度」で実施される初の取り組みであったが、ボランティア作業に当たった人たちには、土佐の森・救援隊のオリジナルの地域通貨券(モリ<森>券)が配られた。モリ券は、同町の地場産品と交換することができる。

森林ツーリズム_a0051612_613368.jpg 高知市、四万十市(中村市)などから集まった25名の森林ボランティアたちは、鷹取キムチを作っている、同町初瀬の小学校跡「たかとりの家」に合宿し、夜は、地元の人と一緒にキムチ鍋を囲んでの交流会や、体育館で子供も交えてのスポーツ対抗戦(卓球、バトミントン)などを行なった。ちなみに、対抗戦はすべて地元のチームが優勝し、賞品の土佐の森・救援隊オリジナルのお酒「10時までよ!」が贈られた。


森林ツーリズム_a0051612_8104767.jpg森林ツーリズム_a0051612_7311667.jpg 間伐作業はスギとヒノキの林、約1ヘクタールで、30%の間伐が目標。森林ボランティアが、2人1組で険しい山に分け入って、約600本を伐採した。薄暗い林は徐々に光が差し込んで明るくなった。

 この土佐の森・救援隊の一連の活動は、橋本知事が提唱する「森林ツーリズム」という位置付けで行なっている。
          (中嶋健造:NPO土佐の森・救援隊事務局長)

 
by shizen100s | 2005-12-02 07:35 | グリーンツー

ブログの引越し(バーチャル[こうち自然村])

■「エキサイト」へ

ブログの引越し(バーチャル[こうち自然村])_a0051612_642238.jpg 現在、『バーチャル[こうち自然村]』は、メルマガ、ブログ、ホームページなど、IT関連のメディアを連動させて情報の収集・発信をしています。メインのITメディアが「メールマガジン」の関係で、ブログについてはメルマガの配信会社「メルマ!」のシステムを利用していましたが、先にお知らせした通り、「メルマ!」がブログから撤退し、11月末をもって、全ての情報を解除(削除)する、という通告がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆「melma!blog」サービス終了のお知らせ
 これまでご愛顧いただきました「melma! blog」ですが、2005年11月30日をもってサービスを終了させていただくことになりました。今まで「melma!blog」をご利用いただいていた皆様には、大変なご迷惑をおかけすることとなります。今後、ブログの運営を希望される方は、他社様のブログサービスをご利用いただけますようお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 一方的なサービス停止は、はなはだ迷惑なことであり、こういうことがあるようでは、ブログのメディアとしての信用・信頼性を失墜することになります。ブログ配信会社は、データの保持、持続性ということに関して、もう少し社会的責任、配慮が必要かと思います。

ブログの引越し(バーチャル[こうち自然村])_a0051612_644841.jpg ブログは、メルマガと違い写真を添付する関係で容量が大きく、民間の配信会社がサービスで、データを長期にわたって完全に管理・保持するのは厳しいものがあることは理解できます。それ故、7月にブログ版を開始するにあたり、将来的にバックナンバーの管理・保持に不安を感じた所ですが、早速その不安が現実のものとなった形となりました。

 そこで、11月の1ヶ月間を「引越し月間」とし、ブログの情報を整理することにし、「メルマ!」から「エキサイト」へ、必要とするほとんどの情報を移転させませた。

 新たなカテゴリーとして「地域おこし」「地域づくり」「噂の地場産品」「棚田再生プロジェクト」「森づくりプロジェクト」「焼畑復活プロジェクト」「グリーンツー」「バーチャル本川村」「森林ボランティア」に整理し、対応することにしました。(編集局)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ブログいろいろ]

■関連ブログ
 なお、関連ブログとして、同時に引越しをしたブログは次のとおりです。「お気に入り」のアドレスの変更し、これからもご愛読の程、よろしくお願いいたします。

◆新アドレス
 『四万十通信』 
 『四万十川新聞【日曜版】』 
 『ブログ・フォーカス』 
 『四万十川百人一首』 
 『四万十川の文化人・小谷貞広』 
 『土佐の森・救援隊』 
 『バーチャル[こうち自然村]』 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【予告編】   メルマガ:四万十通信

■メールマガジンとブログとホームページ

 「四万十川源流域・かわうそ通信ネットワーク」では、IT関連メディア、メールマガジン・ブログ・ホームページなどを、駆使・連動させて、様々な情報の「収集と発信」を行っています。収集した情報等は、その内容、レベルにより、それぞれの配信元に振り分けています・・・[more]

◆この続きは・・・
 「メルマガ:四万十通信 113」(17.12.3号)で、どうぞ・・・
*******************************
「メルマガ:四万十通信」の配信は、ここから登録すればOK!
 配信日時に、メールで、ダイレクトに「メルマガ:四万十通信」が届きます。
▽ 「メルマガ:四万十通信」の登録 ▽
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ひとくちメモ]

■四万十川のブログ&メルマガ

ブログの引越し(バーチャル[こうち自然村])_a0051612_652751.jpg ブログの世界では、「生協の白石さん」、「電車男」、「けんちゃん」ほど、名は通っていませんが、日本最後の清流・四万十川にもブログがあります。ブログの名前は『四万十通信』『四万十川百人一首』『四万十川の文化人』。

 また、「小泉内閣メールマガジン」(読者200万人/13.6.14創刊)ほど読者はいませんが、四万十川のメルマガもあります。メルマガの名前は『四万十通信』(読者650人)『四万十森林記行』(読者480人)。

◆ 「四万十森林記行」創刊号(平成13年8月8日・高知県中村林業事務所)

【写真】「小泉メルマガ」より歴史がある「四万十森林記行」(13.8.8創刊、ダイレクト版は12.9.7創刊)

◆ 「四万十森林記行」創刊号の詳細
 
▽ 「メルマガ:四万十森林記行」の登録 ▽
 
by shizen100s | 2005-12-01 06:05 | 地域おこし