<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

噂の地場産品(新高梨)

■森本農園が「果実品評会」で大賞を獲得。
a0051612_7391314.jpg

 高知県で収穫された秋の味覚(果実)を品評する「高知県秋季果実展示品評会」が行われ、最高の賞である『農林水産大臣賞』に、ナシ部門から、森本巌氏(いの町成山・森本農園)の「新高梨」が選ばれました。(品評会には、ナシのほか、ミカン、クリ、ユズなど188点が出品。)

 なお、大賞を受賞した「森本農園」は、NPO土佐の森・救援隊の賛助会員で、モリ券での交換対象地場産品は『新高梨』と『イノシシ肉』です。

【写真】高知県秋季果実展示品評会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■森本農園 の「新高梨」

 土佐の森・救援隊が実施している地域通貨券“モリ券“事業。このモリ券で地場産品の「新高梨」と「イノシシ肉」が交換できる「森本農園」の森本巌さんが、県果実展示品評会で農林水産大臣賞、所謂この品評会の大賞に選ばれました。

 品目は“新高梨”です。こういうメジャーな「新高梨」がモリ券で交換できます!(4モリで、日本全国、何処にでも届きます。現在[10月中です!]、森本農園の「新高梨」の交換を受付中です。モリ券を持っている方は、是非、交換してください。注文・問い合わせは、事務局まで。事務局:090-8973-5752(中嶋)

 森林ボランティア活動(間伐)をして新高ナシを食べましょう!森本農園のイノシシ肉も格別ですが・・・。

モリ券(森林証券制度/NPO土佐の森・救援隊)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]  <針木の果樹園梨のやまやす>

■10月6日 晴れ時々曇り

a0051612_74041.jpg 今年も『高知県秋季果実展示品評会』が開かれました。我が家からも梨畑を探し回って収穫した新高梨を出展しました。それがなんと『全農高知県本部長賞』を受賞しました。

 2年連続の入賞に驚いています。今日は仕事を休み、授賞式に出席しました。品評会場には高知県の各地から集められた新高梨が並んでいて、色、形などの比較ができ、とても勉強になります。

a0051612_7403076.jpg 私が梨栽培に集中できるよう支えてくれた家族、特に妻に感謝し、さらに品質の良い、おいしい梨を育てようと思いました・・・[more]

針木の果樹園梨のやまやす
[PR]
by shizen100s | 2006-10-31 07:36 | 噂の地場産品

「三井協働の森」で森林環境研修(いの町本川)

a0051612_618441.jpg

**************************

■三井物産(株)の社員が研修をしました!
a0051612_6191662.jpg

 10月14日、高松から三井物産の社員と関係者(アサヒビール・東芝・日本政策投資銀行など)25人が、いの町本川の「三井協働の森」で森林環境研修を行いました。
a0051612_620287.jpg

 この研修会の主催は、三井物産/いの町/高知県ですが、チェンソーを使っての本格的な『間伐研修』、移動製材機を持ち込んでの『木材加工研修』、及び「森を見る視点」をテーマにした『森林環境講座』の各部門で、NPO土佐の森・救援隊が、全面的に協力して行われたものです。
a0051612_621435.jpg

 三井協働の森では、三井物産の皆さんが、自らチェンソーで間伐したヒノキの丸太(直径20cm長さ2mほど)を、林内作業車を使い、直ちに「三井協働の森」から運び出しました。
a0051612_6304277.jpg

 旧本川小学校の校庭に設置した「移動製材機」で加工して、「まな板」を制作、全員がお土産に持ち帰りました。
a0051612_6225462.jpg

三井協働の森

a0051612_6233391.jpg

***************************

環境先進企業との協働の森づくり事業(高知県)

◆最新情報

18.10.14 三井協働の森で「森林環境研修」が行われる。

・研修場所 : いの町本川「三井協働の森」
・研修内容 : 

【間伐研修会】 a0051612_62358100.jpg

【木材加工研修】
a0051612_6242361.jpg

【森林環境講座】
a0051612_6244237.jpg

[PR]
by shizen100s | 2006-10-23 06:24 | 森林ボランティア

こうち森林ボランティア祭り

              <こうち森林救援隊・中川睦雄>

■ピザを楽しみ、間伐、木工細工に挑戦しよう!
a0051612_6371935.jpg
 こうち森林救援隊では、市民の水瓶の森林を守り育てていくための森林ボランティア活動を通じて、恵みある豊かな森林づくりを目指しています。

 人工林の保全のためには、適正な間伐を実施していくことは言うまでもありませんが、間伐するだけではなく、資源としての間伐材の利用を促進し、林業や農山村地域の活性化を図っていくことも重要なプロセスとなっています。

a0051612_6375889.jpg 間伐材の利用の促進と農山村地域の活性化を図るため、国土緑化推進機構(株・ローソン)の「緑の募金事業」の支援をいただき、地元の地域おこしグループ「ガニ越え地区農地利用組合」の協力も得て、『こうち森林ボランティア祭り』を開催することといたしました。

 間伐、木工教室で汗を流した後は、お楽しみのピザ料理に舌鼓・・・

 高知市の水源地域の森林で、楽しい思い出づくりに参加してみませんか。

 ・日 時  平成18年11月4日(土)9.00-15.00
 ・場 所  高知市鏡梅ノ木公民館
 ・内 容  森林ボランティア祭り
         (間伐・植樹・木工細工・丸太の配布など)
 ・昼 食  ピザ&弁当
         (実費1000円程度にて準備します。)
 ・参加費  無料
 ・主 催  こうち森林救援隊、ガニ越え地区農地利用組合
 ・後 援  国土緑化推進機構、(株)ローソン、NPO土佐の森・救援隊
        高知県、高知市

 ・申込・問合せ 中川睦雄(こうち森林救援隊福隊長)
           ケータイ 090-2895-9083

◆企画・運営=バーチャル[こうち自然村]
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[話題]

ガニ越えのピザ

ガニ越えのピザ・パート2
[PR]
by shizen100s | 2006-10-16 09:36 | 森林ボランティア

「三井協働の森」で森林環境研修を開催(いの町本川)

■三井物産の社員が研修をします!

a0051612_1049787.jpg 14日に、高松から三井物産の社員と関係者(アサヒビール・東芝・日本政策投資銀行など)25人が、いの町本川の「三井協働の森」で森林環境研修を行います。

 この研修会の主催は、三井物産/いの町/高知県ですが、間伐研修、木工研修、環境講座の各部門で、NPO土佐の森・救援隊が、全面的に協力することになっています。

 会員18名が、チェンソーを使った本格的な「間伐研修」と、移動製材機を持ち込んでの「木工教室」及び研修座学での「森林環境講座」を担当します。

a0051612_10594955.jpg 三井協働の森では、三井物産の皆さんが、自らチェンソーで間伐したヒノキの丸太(直径20cm長さ3mほど)を、林内作業車を使い、直ちに「三井協働の森」から運び出し、旧本川小学校の校庭に設置した「移動製材機」で加工して、「マイまな板」「マイ椅子」などの木工製品を製作することにしています。

 一般の方の参加もできますので、「森づくり」及び「木工細工」に興味のある方は、是非参加してください。

◆参加申し込み・問い合わせは、NPO土佐の森・救援隊事務局まで。
  事務局 090-8973-5752(中嶋)

三井協働の森

***************************

◆月  日 : 平成18年10月14日(土)
◆集合場所 : いの町本川総合支所(旧本川村役場)
◆集合時間 : 8時30分
◆活動場所 : いの町本川「三井協働の森」(木工研修は旧本川小学校校庭)
◆活動内容 : 「間伐研修会」「木工教室」「森林環境講座」
◆その他 : 間伐研修会への参加者には、噂の「モリ券」をプレゼントします。
◆連絡先 : 中嶋(090-8973-5752) <メール>
[PR]
by shizen100s | 2006-10-12 10:50 | 森林ボランティア

米づくり体験!

a0051612_617475.jpg

◆参加費:無 料

◆持ち物:タオル、着替え、軍手、田靴、かまなど
     昼食は各自持参してください

◆問合せ・申込み先:中嶋健造 090-8973-5752 E-Mail 
          尾崎誠一088-843-3911 E-Mail 
 *参加いただける方はうえの者までお知らせください

◆主 催 : わしの里元気村

 皆さんの参加をお待ちしております。収穫した米は参加者で分配いたします!!
[PR]
by shizen100s | 2006-10-06 06:19 | 焼畑復活プロジェクト

企画提案:歴史・文化で地域おこしを!

■四万十川新聞「新聞小説」
a0051612_1939990.jpg
「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」・・・大手新聞には「新聞小説」がある!

 地方紙の高知新聞でさえも新聞小説がある。しかも直木賞作家の山本一力氏の新聞小説である。

「四万十川新聞」にも、それに負けじと曲木賞作家の幡多山正太郎氏の「新聞小説」が掲載されている!
【写真】四万十川作家、幡多山正太郎氏

◆第1作

『ゴルゴ13の墓を四万十川に・・・』 (13回シリーズを好評連載中。)

 四万十川に縁の作家、幡多山正太郎氏の書き下ろしで、挿絵は、同じく四万十川出身の挿絵漫画家、不破川愚童斎氏が担当している。

◆第2作

『寅次郎の四万十川の大休日』 (12月から連載開始予定。)

 第1作と同じく四万十川作家の幡多山氏によるシナリオ風新聞小説。映画「男はつらいよ」シリーズ、幻の第49作目のシナリオという設定で、寅さんの「四万十川物語・花遍路編」が始まる。

四万十川新聞【日曜版】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ポスター】 [第49作]
a0051612_19434287.jpg
 寅次郎  : 渥美 清
 櫻     : 倍賞千恵子
 マドンナ : 仲間由紀恵
 ロケ地  : 高知・四万十川

*************

 宿毛(すくも)行き特急南風3号アンパンマン号列車内。

 進行方向、左側窓側の席で腕組みし、ウトウトとトレードマークの帽子を目深にかぶってまどろむ寅さんの姿がある・・・
[PR]
by shizen100s | 2006-10-03 19:40 | 地域おこし