カテゴリ:地域おこし( 31 )

企画提案:歴史・文化で地域おこしを!

■第15回四万十川短歌全国大会
a0051612_19305080.jpg

 10月21日、四万十市中村で開催されました。今年の大会には、全国の198人から、494首が寄せられ、大会賞には小谷貞広氏の『綱さげて腰までつかり川中に鮎解禁の夜の明けを待つ』が選ばれました。

これまでの大会は、募集する短歌は「自由詠」でしたが、今年から、歌会始と同じように「詠題」をつけたそうで、今年のお題は「川」とのこと。

 川といっても「四万十川」に限ることはないそうで、全国各地の川を詠んだ秀歌が寄せられました。

 四万十通信では、現在「四万十川百人一首」を募集しており、これにも全国から沢山の応募があっていますが、その中で小谷貞広氏のように、今大会で入選した方が多数散見されます。また、「応募作品集」を見ますと、現在「四万十川百人一首」に掲載させていただいている方も、多数、新たな四万十川の秀歌を寄せられています。

 これらの四万十川の秀歌を、「四万十川百人一首」に添えて、追加掲載させていただきたいと考えています。

 四万十川百人一首を投稿していただいた方で、今大会の入選者及び応募者は以下のとおりです。

四万十川百人一首

*****************************
[第15回四万十川短歌全国大会](敬称略)

【入選者】

小谷貞広(四万十市) 
  綱さげて腰までつかり川中に鮎解禁の夜の明けを待つ

安部 精(神奈川県)
  一瞬の投網の音を飲み込みて濁りも見せぬ四万十の川

永橋三八夫(土佐清水市)
  百号の画布に四万十の朝ぼらけとも綱を解く合羽が二つ

藤井幹雄(島根県)
  菜の花のつづく川辺をお遍路は白蝶のごとく遠きに消ゆる

浦田千鶴(宿毛市)
  四万十の河口はとろりと無風帯背びれ突っ立て鰡遡上する

多賀一造(四万十市)
  つぎつぎに火を点じゆく蜀二千浮び出でたる佐田沈下橋

神林敏夫(新潟県)
  水源の水すくひ飲み四万十の少年探検隊は歓声をあぐ

小橋延夫(高知市)
  機嫌よき今朝の四万十川ふところに親子と犬を泳がせて澄む

尾崎 清(四万十市)
  落鮎を燻製にする芳わしき香が路地に充つ漁解禁日

【応募者】

花岡 環(四万十市)
  四万十川の辺に生れて八十年回想の時列車のひびき

北村道子(青森県)
  一滴の雫が集まり束となり一九六キロゆるゆる流るる

村山安義(福岡県)
  大書した『土用うなぎ』杖の身に四万十川のいのちいただく

後藤彦次(兵庫県)
  四万十は暴れ川らし今もなほ三十以上の沈下橋あり

山崎さが(福岡県)
  ものなべて膨らみ見ゆる四万十の緑りひたたりけぶり立ち見ゆ

浜口秋雄(福岡県)
  鈴生りの鮎の投網を肩に掛け四万十蟹の老顔はほころぶ

宮本 操(四万十市)
  この流れの行方に思い馳せながら浄化に生きて我も喜寿なり

木戸三亀子(四万十市)
  河口折りしも満潮となり川波立ちて青洋々と大河四万十川

加納 薫(四万十市)
  水深は20メートルとふ碧き渕水底にひそむか赤目の大魚

春川喜多子(新潟県)
  天路歴程目指し歩みて五十年連れ立つ友も共に老いたり

下田佳子(土佐清水市)
  徐徐に霧晴れゆく川に人あふれアユ解禁の一瞬を待つ

前川竜女(南国市)
  雲の湧く四万十川に白鷺は時の流るる刹那を渡る
[PR]
by shizen100s | 2006-11-07 19:39 | 地域おこし

企画提案:歴史・文化で地域おこしを!

■四万十川新聞「新聞小説」
a0051612_1939990.jpg
「朝日新聞」「読売新聞」「毎日新聞」・・・大手新聞には「新聞小説」がある!

 地方紙の高知新聞でさえも新聞小説がある。しかも直木賞作家の山本一力氏の新聞小説である。

「四万十川新聞」にも、それに負けじと曲木賞作家の幡多山正太郎氏の「新聞小説」が掲載されている!
【写真】四万十川作家、幡多山正太郎氏

◆第1作

『ゴルゴ13の墓を四万十川に・・・』 (13回シリーズを好評連載中。)

 四万十川に縁の作家、幡多山正太郎氏の書き下ろしで、挿絵は、同じく四万十川出身の挿絵漫画家、不破川愚童斎氏が担当している。

◆第2作

『寅次郎の四万十川の大休日』 (12月から連載開始予定。)

 第1作と同じく四万十川作家の幡多山氏によるシナリオ風新聞小説。映画「男はつらいよ」シリーズ、幻の第49作目のシナリオという設定で、寅さんの「四万十川物語・花遍路編」が始まる。

四万十川新聞【日曜版】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ポスター】 [第49作]
a0051612_19434287.jpg
 寅次郎  : 渥美 清
 櫻     : 倍賞千恵子
 マドンナ : 仲間由紀恵
 ロケ地  : 高知・四万十川

*************

 宿毛(すくも)行き特急南風3号アンパンマン号列車内。

 進行方向、左側窓側の席で腕組みし、ウトウトとトレードマークの帽子を目深にかぶってまどろむ寅さんの姿がある・・・
[PR]
by shizen100s | 2006-10-03 19:40 | 地域おこし

企画提案:歴史・文化で地域おこしを!

■四万十川の文芸・春秋偏   <「本家版・四万十川新聞」より>

◆百笑庵
a0051612_111148.jpg

 四万十川の河畔『百笑庵』に寓居し、
 毎朝、川の流れを見ながら・・・
 百笑の堤を散策するのが日課、という、山藤花。

【写真】赤鉄橋と百笑庵(川向こう左岸の山裾にあります。右に続くのが百笑の堤)
    (ブログ「実録!!四万十川de田舎暮らし」より)

◆山藤花
a0051612_1902834.jpg
【写真】四万十川百笑の堤

 山藤花氏は『百笑庵』で、黙々と「四万十川百人一首」の編纂をしているが、四万十川新聞では、ボランティアで編集を、勝手連的に手伝っている。その四万十川新聞では、初の新聞小説、四万十川漫画大会、写真集などの文化的企画を次々と手がけている。

 「山藤花」とは「山頭火」の洒落だとわかるが、ご本人は文化とは関係ない林業関係(木の文化、とは言うが・・・)に従事されている方で、四万十川の出身ではない!

 四万十川とは「地元に永年住んでいることよりも」「よそ者が、一歩下がってみるほうが、その佳さが判る」ようである!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

四万十川百人一首

a0051612_1905820.jpg
 昨年から募集している四万十川百人一首には、現在、全国から70人70首の応募があったようである。しかし、まだ70人である。

 来年の春(3月)に予定されている四万十川百人一首の完成が危ぶまれている。

 短歌ごころのある方は、ぜひの応募を・・・。

【写真】山藤花氏?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

四万十川新聞「新聞小説」

a0051612_1914212.jpg
 現在、「ゴルゴ13の墓を四万十川に・・・」を四万十川新聞【日曜版】に好評連載中。

 四万十川に縁の作家、幡多山正太郎氏の書き下ろしで、挿絵は、同じく四万十川出身の挿絵漫画家、不破川愚童斎氏が担当している。

 第2作目は「寅さん、四万十川へ来る・・・」が決まっており、目下地元での取材活動を続けている。

【イラスト】幡多山正太郎氏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

四万十川漫画大会

a0051612_1923540.jpg
 ブログ・フォーカス四万十川通信(バーチャル)で開催中。

 四万十川漫画大会の事務局では、四万十川の漫画を募集中。

 現在会場(バーチャル)では、漫画家、不破川愚童斎氏の個展、市川昌氏の「戦争の語り部コーナー」を開催している。(毎日更新しています。)

【イラスト】不破川愚童斎氏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真集:四万十川新聞「暑中見舞い!」

a0051612_658866.jpg
 地方の全国紙・四万十川新聞社の編集長四万十太郎氏&財務部長四万十花子氏の企画による、写真(バーチャル)での「暑中見舞い!」。

 毎年、夏季に行なわれる四万十川新聞社の恒例行事となっている。

 昨年は「南極の海底」から「白神山地」まで、あったそうですが、さて、今年は?

 今からでも遅くない、残暑見舞いを・・・

【写真】四万十太郎&花子氏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆日本最後の清流:四万十川

a0051612_1925187.jpg

                四万十川新聞社
[PR]
by shizen100s | 2006-08-30 19:03 | 地域おこし

土佐のアマチュア漫画家による『高知の漫画あれこれ展』

■『高知の漫画あれこれ展』を開催しました。(ひろめ市場・高知市)

a0051612_716331.jpg 高知市の追手筋、ひろめ市場の東北の「ふるさとふれあいギャラリー」で、高知漫画集団有志やフリーの漫画家による『高知の漫画あれこれ展』が開催されました。(8月16-27日)

 また、世界平和アピールのため、みずから描いた漫画を教材として、講演など漫画を通じた社会活動をしているアマチュア漫画家、市川昌氏の『戦争の語り部コーナー』も同時に開かれました。

 これは、終戦記念日にあわせて、風化し忘れられていく戦争の悲惨さ、愚かさそして平和の尊さを、戦争体験者の「語り部」から、漫画で語り伝えようとする特別企画です。 (現在、四万十川漫画大会(バーチャル)で開催中)

◆『四万十川漫画大会(バーチャル)』&市川昌氏の『戦争の語り部コーナー』
a0051612_716577.jpg

・日時:平成18年9月5日(水)から

・場所:四万十川通信・ブログフォーカス「四万十川漫画大会」




*****************************

■市川昌氏の【プロフィール

a0051612_5522669.jpg 自らの戦争体験を漫画化したものを紙芝居風に解説。ふるさと新荘川での懐かしい川遊びの日々、そんなある日、わずか16歳にして中国大陸に渡り、軍属として前線への食料補給、弾薬運搬等の兵役活動と、帰国後の海軍少年兵として、終戦まで鹿児島県国分の特攻隊基地での厳しい訓練を重ねた体験を漫画に描き、平和の尊さを訴えています。

 趣味の漫画は63才より描き始め、今や高知新聞の漫画道場の常連入選者。漫画による社会貢献を志し、グループ仲間とともに「日曜市軒先まんがギャラリー」を企画し、商業振興と漫画の発表の場づくりに奔走しています。

追手筋の「日曜市軒先まんがギャラリー」が生れるまで
       (ブログ:バーチャル[こうち自然村])
 
[PR]
by shizen100s | 2006-08-24 05:53 | 地域おこし

ピザを楽しみ、木工細工に挑戦しよう!

              <こうち森林救援隊・中川睦雄>

■間伐、木工細工&ピザ?!

a0051612_6371935.jpg こうち森林救援隊では、市民の水瓶の森林を守り育てていくための森林ボランティア活動を通じて、恵みある豊かな森林づくりを目指しています。

 人工林の保全のためには、適正な間伐を実施していくことは言うまでもありませんが、間伐するだけではなく、資源としての間伐材の利用を促進し、林業や農山村地域の活性化を図っていくことも重要なプロセスとなっています。

a0051612_6375889.jpg 今回は、7月、8月に続いて間伐材の利用の促進と農山村地域の活性化を図るため、地元の地域おこしグループ「ガニ越え地区農地利用組合」の協力も得て、間伐材を利用した木工教室を、開催することといたしました。

a0051612_6382398.jpg
 木工教室で汗を流した後は、お楽しみのピザ料理に舌鼓・・・

 夏の日の楽しい思い出づくりに参加してみませんか。

 ・日 時  平成18年9月10日(日)9.00-15.00
 ・場 所  高知市鏡梅ノ木公民館
 ・内 容  スギ・ヒノキなどの間伐材を利用した「木工教室」
 ・昼 食  カレーライスとピザ
 ・参加費  大人(中学生以上)1.000円 小人(小学生)500円
 ・主 催  こうち森林救援隊
 ・共 催  ガニ越え地区農地利用組合 NPO土佐の森・救援隊
 ・申込・問合せ 中川睦雄(こうち森林救援隊福隊長)
           ケータイ 090-2895-9083

◆企画・運営=バーチャル[こうち自然村]
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[話題]

ガニ越えのピザ

ガニ越えのピザ・パート2
[PR]
by shizen100s | 2006-08-03 06:39 | 地域おこし

夏休みのまんが教室

■『夏休みのまんが教室』を開催します。(一宮東小学校・高知市)

a0051612_512319.jpg 世界平和アピールのため、みずから描いた漫画を教材として、講演など漫画を通じた社会活動をしているアマチュア漫画家市川昌氏の元に、近所の一宮東小学校の先生から『夏休み・まんが教室』開催の依頼がありました。

 市川さんは快諾するとともに、まんがグルプ仲間・「高知漫画集団」にも声掛けをして、「似顔絵の描き方教室」も併せて実施することになりました。

 これは、学童達に、戦争の悲惨さ、平和の貴重さ、を戦争体験者の「語り部」から、直接分かりやすい漫画を通じて視覚的に伝えてもらおうとする小学校の企画と、漫画の面白さ、楽しさを小さい時から味わってもらい、将来的に漫画王国土佐の描き手の裾野を広げていきたいというアマチュア漫画家の願いが一致し、実現したものです。

◆『夏休みのまんが教室』&『似顔絵の描き方教室』

・日 時 : 7月27日(水) 10時ー12時(第1回)
       8月 9日(水) 15時ー17時(第2回)
       8月22日(火) 10時ー12時(第3回) 

・場 所 : 高知市一宮東小学校グランド東端の棟の1階教室

(NHKテレビで、市川さんのこうした漫画を通じた社会活動ぶりが放映されます。8月3日(木)午前7:30からの「おはよう高知」)

*****************************

◆市川昌氏の『夏休みのまんが教室』
a0051612_59860.jpg

 自らの戦争体験を漫画化したものを紙芝居風に解説。ふるさと新荘川での懐かしい川遊びの日々、そんなある日、わずか16歳にして中国大陸に渡り、軍属として前線への食料補給、弾薬運搬等の兵役活動と、帰国後の海軍少年兵として、終戦まで鹿児島県国分の特攻隊基地での厳しい訓練を重ねた話を骨格として、平和の尊さをお話しします。

◆田辺康夫氏(高知漫画集団所属)の『似顔絵の描き方教室』

a0051612_59392.jpg 今、全国で評判の似顔絵描きの技術講習をします。

 各種イベントで経験を重ね、熟度を磨いた似顔絵の描き方をやさしく教授する予定です。
[PR]
by shizen100s | 2006-07-26 05:09 | 地域おこし

石毛宏典氏の『野球教室』&『間伐材でマイバットつくり』

大川村は・・・

 人口500人あまりの、離島を除けば国内最小の村(自治体)です。

 何もない小さい村ですが住民一丸となって村づくりに頑張っている様子が、「水」を介したあるご縁によって、同じようにゼロからの頑張りで見事に四国にプロ野球リーグを立ち上げた石毛コミッショナーの目にとまり、今回、大川村白滝での『講演会』と『野球教室』の開催が実現できました!!

a0051612_6553993.jpg 『講演会』では石毛コミッショナーが「四国でチャレンジしてきた情熱・親が子供に野球を教える方法」そして『野球教室』では、初日は石毛コミッショナーからお父さんへ、2日目はお父さんから子供たちへと2段階の野球教室を行います。

 初日はかつて野球少年だったお父さんが憧れの石毛コミッショナーに教えてもらい大満足、そして2日目は親子で練習&プレイを行い親子、石毛コミッショナー、村民との交流を図るこのイベントだけの人と人とのふれあいを重視した野球教室なのです!!

 大川村産の間伐材を自分で削って、世界で1本だけの『マイバット』は、7日の16:00から、親子でつくります。

◆石毛宏典氏 プロフィール

*****************************

■石毛宏典氏の「親子野球教室in白滝」

a0051612_6562524.jpg

・開催日時 : 平成18年8月7日・8日
・開催場所 : 大川村 自然王国「白滝の里」
・申込み問い合わせは(受付時間9.00-16.00)
  大川村ふるさと公社
  TEL 0887-84-2201 
  メール info@sirataki.or.jp

◆詳しくは、
URL=「親子野球教室in白滝

*****************************
[ふるさとの森林]

■大川村の巨木の群生地・・・大座礼山(おおざれやま)
a0051612_656483.jpg

 大川村村内に位置する大座礼山。日本でもこんなに立派なブナの天然林は少なく大座礼山の山頂部は、「大きく座する」という名前の通り広いササの平原にブナの大木が点在する美しい山です・・・[more]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ひとくちメモ]

■白滝の里

日本一最小の自治体、高知県の大川村は四国三郎・吉野川の源流域で西日本一の貯水量をもつ四国の水瓶「早明浦ダム」を守っています。標高750m。ここに、夢の自然王国「白滝の里」があります
a0051612_6571049.jpg

[PR]
by shizen100s | 2006-07-13 06:57 | 地域おこし

旧中村市の市花は・・・藤

a0051612_844337.jpg
 毎年、5月のGWに、
四万十市(旧中村市)で、「土佐一條公家行列」"藤祭り"が開催される!

 京都の葵祭の公家行列に倣って行われるもので、室町時代の衣装を身にまとった参加者らが市内を練り歩く。

 それぞれ役職に応じた色とりどりの衣装は時代絵巻さながらで見応え十分!

◆藤紫

 藤色(紫色)を「絵の具」で描く時…「赤」と「青」を混ぜる!

 その時の分量が「赤」の割合が多いのと、「青」の強い紫とでは雰囲気が違ってくる!「京風」と「江戸風」である!

 藤の花は「種類」や「木」によって「風合い」が大いに違う!
 しかし、その色の違う木が群生してそれを遠くから見ると「淡い一色」になる!

 「個性」と「多数」の集約がここにある!

         (「四万十川新聞」より)

◆土佐一條公家行列「藤祭り」 (高知県四万十市)
a0051612_18285266.jpg

・日時:平成18年5月3日(祝)
・場所:四万十川河川敷~四万十市街地

四万十花まつりキャンペーン
 
[PR]
by shizen100s | 2006-04-21 08:04 | 地域おこし

四万十川リバーサイドフルウォーク2006

■四万十川で長生きしませんか?

a0051612_744042.jpg さくら・菜の花・土筆・若葉の香り・鶯・雲・・・そして四万十川のせせらぎ!

 春本番は・・・あなたのものです!

 人生は年齢ではありません!一歩、歩けば1秒長生き・・・四万十メートル歩けば、18時間長生きします!

 あなたも「四万十川で長生きしませんか?」全国から沢山の方が四万十川へお見えになります!友達の友達は友達です!
◆長生きをする内容

・開催月日 : 平成18年4月1日・2日
・開催場所 : 四万十市 
・参加対象者: どなたでも。
・主  催 : 四万十川リバーサイドフルウォーク実行委員会
・料  金 : 大人 2000円 学生 1000円
・関連URL : ここから
・申込先電話: 0880-34-2071

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]    < 四万十川新聞【日曜版】 >

■四万十川の文化人 

 ウオーキングといいて日暮れの川沿いの
       誰にも会わぬ菜の花あかり
              (小谷貞広)

 ちょうちょうが風より軽くとんで来て
       菜の花畑に消えていったよ
              (詠み人知らず)

 菜の花爛漫の四万十川へ来とうせや 
       ナップザックにパジャマを入れて
              (四万十太郎)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川の愛唱歌](「四万十川新聞・俺の話を訊け!」より)

■春一番
a0051612_7391852.jpg

 もうすぐ春ですねぇ
 ちょっと気取ってみませんか
 おしゃれをして男の子が 出かけて行きます
 水を蹴って蛙の子が 泳いで行きます

 四万十川は、もう春です!
[PR]
by shizen100s | 2006-03-29 07:40 | 地域おこし

歴史・文化で地域おこし(沈下橋と短歌)

■土佐の名建築(「高知新聞社」刊・平成6年1月発行)
a0051612_211512.jpg

 流線形が美しい四万十川の沈下橋として「土佐の名建築」に選ばれた大正町上岡の「向山橋」。説明に、このような記述があります。

a0051612_19232897.jpg 『この橋はわずか3つの橋脚で支えているに過ぎない。全体にすっきりとして、飛行機の翼を思わせる伸びやかな流線形は優美でさえある。「向山橋』との橋名があったが、残念ながら架設年月日を刻んでいてと思われる部分は欠損していて、読み取れなかった。

 高知県内で沈下橋が盛んに造られたのは昭和31年から34年にかけてである。だが、この橋のデザインの斬新さから見ると、完成はもっと後のことかもしれない。』

【写真】向山橋(四万十川:大正町上岡)

◆架設は、昭和38年です。

 「私が設計し、架設工事を担当しました・・・」

と語るのは、元県庁職員で林道の設計・施工などに携わった橋詰寿男氏。そのことを詠んだ短歌を、「四万十川百人一首」に応募しています。まもなく「ブログ:四万十川百人一首」に掲載される予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川百人一首]

(01)俵 万智 (大阪府)    四万十に光の粒を・・・
(02)小谷貞広 (四万十市)  霧深し児らの姿を・・・
(03)土屋文明 (群馬県)   君がほこりし四万十川を・・・
(04)木戸三亀子(四万十市) 赤鉄橋渡りつつ見下ろす
(05)横山美子 (大阪府)   蛇のごと四万十川は・・・
(06)森岡郁夫 (土佐市)   遠嶺に春雪残る・・・
(07)橋田東声 (四万十市)  ゆふ空に片照る雲の・・・
(08)斎藤矢須代(神奈川県) 温かき飯にのせ食む・・・
(09)浜口秋雄 (福岡県)   黒き背のウグイ浅瀬に・・・
(10)下田佳子 (土佐清水市) 空に花咲かせるように・・・
(11)北村道子 (青森県)   産卵を終えたる鮎は・・・
(12)大野 晃 (長野県)    四万十の川面に映る・・・
(13)多田美津子(東京都)   雨止みし今朝の四万十川・・・
(14)工藤きみ子(北海道)   四万十の川の流れに・・・
(15)北見志保子(宿毛市)   岸のべの松は伐られて・・・
(16)前川竜女 (南国市)    ざるそばの盛りに青海苔・・・
(17)阿部 精 (宮城県)    山々の清水束ねて四万十は・・・
(18)田中朋枝 (愛媛県)   午前四時まだ明けやらぬ・・・
(19)吉井 勇 (東京都)    山ふかく数里のあひだ・・・

ブログフォーカス:四万十川百人一首

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]    <メルマガ:四万十通信>
a0051612_2115307.jpg

    君がほこりし四万十川を
      今渡る冬の水満ち堤ゆたかなり
                 (土屋文明)

             『ブログ:四万十川百人一首』より
 
******************************

◆大募集!

 現在、『四万十川百人一首をネットにつくろう会』(事務局:四万十市中村百笑7-26-304)では、四万十川百人一首を募集しています。四万十川への想い、思い出などを、歌に託してお寄せください・・・[more]【登録

【応募・問い合わせ】 メール 
[PR]
by shizen100s | 2006-01-03 21:15 | 地域おこし