カテゴリ:ネットワーク( 34 )

イベント情報

■これならできる山づくり(人工林再生の方法:鋸谷式間伐)

              <情報発信元:さめうら水源の森ネットワーク>

 人工林を手入れせずに放置しては木の価値はあがりません。「大川村のような急傾斜地の人工林を経済林としての価値を高めると同時に環境林としての機能を効率的に高める」という課題を考えてみませんか。

 今回は、「鋸谷式間伐」として有名な鋸谷茂氏をお招きして、2日間にわたってじっくりと実践方法を勉強します。是非、ご参加下さい。私たちは、下小南川の「すいげんの森演習林」で、上記の課題をこれから実践し、モデル林を創っていきます。

 今後、「大正町方式の搬出路」なども研究していきたいと考えています。一緒に山づくりを考えてみませんか。

・日 時 : 3月11日(土曜) 13時から15時30分
・場 所 : 大川村役場山村開発センター

・講演会
  鋸谷茂氏(福井県坂井農林総合事務所林業部)
    『これならできる山づくり』

・参加費 : 無料

・詳細   : パンフレット

◆申込み/問い合わせ(主催)
さめうら水源の森ネットワーク事務局
TEL 0887-70-2301 FAX 0887-70-2302

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]    <ブログ:四万十通信>

a0051612_7321952.jpg■健全な「森づくり」について

◆鋸谷式間伐

「より太く、より長く、より多く」という林業を追求し、必要以上の長さと材積を求めた結果、多くの人が過密な人工林が普通の状態だと勘違いしはじめました。

 過密な林分と下層植生豊な山、というのは、よほど特殊な場所を除いては両立しません。木材生産の視点では、すばらしく手入れされた山も、「鋸谷式・植生荒廃判定表」では、「不健全な森林」に入る場合があります。

【詳細】
 9日発信の「ブログ:四万十通信」に掲載される予定です。
[PR]
by shizen100s | 2006-03-07 07:32 | ネットワーク

歴史・文化で地域おこしを! (新聞編)

a0051612_5505798.jpg■四万十川新聞

 四万十川には、ユニークな新聞があります。その名もずばり、地方の全国紙「四万十川新聞」。地方の全国紙といわれる所以は、配達が全国区ということもさることながら、地方紙「高知新聞」にはない併刊の「週刊誌」があることです。その、噂の「四万十川新聞」とは・・・[more

◆週刊誌:四万十川新聞【日曜版】創刊号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ひとくちメモ]

■日本最後の清流・四万十川

a0051612_545223.jpg 四万十川は天下に比するものなき清流として世に知られている。しかも、この名川は美しい自然に和して、常に清澄さを研き、鮎、ゴリ、川えび、など川魚の宝庫ともたたえられつつ、流域の人たちに、多大な恩恵を与え続けてきた。

 まさに神なる守護によって保たれた、日本最後の清流といってよい。つまり四万十川は、失われていくこの国の、自然環境の中で、唯一清流を後世に残すべく嘱望された、最後の砦としての運命をも担う、象徴的存在なのである。(大滝貞一)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]    <ぷらっとこうち

■「四万十川新聞」のあらまし

 四万十川新聞は編集長「四万十太郎」さんが、面識のある方へ、Eメールで、ほぼ毎日送っています。「何のために・・?」といいますと・・・

a0051612_5533799.jpg『親しい方へは「太郎の健在報告」、それなりの方へは「四万十川の近況報告」です。いずれにしても「四万十川を思い出して貰いたい」と祈りながら、毎日、毎日送っています。が、時々、いや、かなり脱線します。日刊は大変とお思いでしょうが、太郎の朝は早い。新聞を読み、メールを読破し、朝ドラ見ながら朝食。メールと朝ドラの間・・、約1時間の空白に「四万十川新聞」を作ります。そうです!「四万十川新聞の作成は”朝飯前”」なのです。』

 というのが四万十太郎編集長の弁です。発行部数は、全国、いや海外まで含めて、1000部以上ということですが、確かめた人はいません。購読料は無料で、メールで申し込みをすると、すぐ配達されるはずです。

 高知県は四万十川の自然、環境、文化を守るため「四万十川条例」を作りました。四万十川新聞を読んで、四万十川について、熱く語りましょう!(で、「返信」が続々・・のはずですが、果たして?)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ブログフォーカス]

四万十川百人一首
a0051612_5593759.jpg

 四万十川の百風景は、地域永住者の眼と旅行者の着眼が相侯った、新鮮な四万十川を「歌枕」とした歌になる。四万十川への想いが詠みこまれた、これらの歌により、一人でも多くの人が、清流を心のふるさととして敬愛してくれることになれば・・・、

 清流四万十川よ、永遠なれ・・・、
   と祈らずにはいられない。(大滝貞一:四万十川秀歌百選/選者)

ブログ:四万十川百人一首

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[編集後記]
a0051612_5473752.jpg
 
【写真】沈下橋の上の2人 (四万十川新聞【日曜版】[18.1.29]より)

  花子は写真を見て、若い二人の「恋の始まり」を感じるという!
  太郎は写真を見て、「もつれた恋の終り」を連想する!

 四万十川新聞は、Eメール(BCC)にて友人知人に送ってます!四万十川の現況と、四万十太郎の健在を報告しているつもりです!が、お仕事の邪魔になる場合はご一報下さい!(四万十太郎+花子) 【メール】      
[PR]
by shizen100s | 2006-02-22 05:47 | ネットワーク

何があったのか? 魔の1月10日火曜日 <パート2>

ブログ:バーチャル[こうち自然村] (118.1.13)
  
a0051612_636567.jpg トラックバックや、コメントへの書き込みにより、魔の1月10日に何があったのか?、が多少分りました。1月10日に「限界集落」が、ヤフーの社会ニュース(元記事は、毎日新聞のようです。)として取り上げられたのが、異常アクセスの原因のようです。
【写真】高知新聞のブログの記事(今回の情報とは関係ありません。)

 しかし、分らないのが、ここから先で、記事(下記参照)の中には、限界集落の名付け親「大野教授」の名前はもとより、「バーチャル[こうち自然村]」「四万十通信」の記載はありませんでした。自然村の村長さんは確かに大野先生ですが、何故これで、ブログ「バーチャル[こうち自然村]」のアクセスが15万件にもなったのか、そして関連の四万十通信のネットワークのブログのアクセス数が異常に上昇したのか、が全く分りません。

 ヤフーの記事と大野先生、四万十通信との関連(アクセス数)で、何かご存知の方は、コメントで、お教え願います。

*****************************
[問題の毎日新聞の記事]

■縦並び社会・格差の現場から 「限界集落」

a0051612_6373661.jpg かつて12人が暮らした家に1人残された花代さん。大原野集落も住民は2人だけになった。町内では既に消滅した集落もある。
 
 「お父さん、帰ってきたよー」。望月花代さん(77)は一人残された家の仏壇に手を合わせた。南アルプスを望む山梨県早川町の大原野地区。夫の正芳さん(82)は昨年12月15日に亡くなった。かつて200人以上が暮らした集落は、花代さんと隣人の女性2人だけになった。
【写真】かつて12人が暮らした家に1人残された花代さん。大原野集落も住民は2人だけになった。町内では既に消滅した集落もある=山梨県早川町大原野で。

 町の96%を覆う森林は戦後、焼け野原の東京に木材をもたらした。しかし、木材輸入自由化で林業は衰退し、約300人いた林業従事者は10分の1にまで減った。

 町に残されたのは、下草刈りや間伐がされていない「放置林」だ。町の森林組合の長谷川空五さん(62)は「大雨が降れば土が流出し、根がむき出しになってやがて木は死ぬ」と心配する。

 日本は京都議定書で、二酸化炭素など温室効果ガスの6%削減を義務づけられた。うち3.9%を森林で吸収する計算だが、整備が十分な場合の数字だ。全国の人工林の約8割は未整備で、国は地方公共団体に対策を求める。しかし、早川町で放置されている私有林を1回間伐するだけで約10億円かかる。しかも3割前後は地主の負担だ。

 長谷川さんは言う。「年金で細々暮らす地主のじいさんたちに出せるか。森はお前らが守れと言われても、できん」

 過疎と呼ばれた時代より加速度を増し、消滅の危機にある日本の「限界集落」。旧国土庁の調査では99年からの10年で419、その後は1690の集落が消えるという・・・[more]

毎日新聞

ヤフー!ニュース

【このあと記事には、高知県大川村の限界集落のことが記載されています。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]   <バーチャル[こうち自然村> 

■限界集落とは?
a0051612_638562.jpg

 平成3年当時、高知大学教授だった大野晃・長野大教授が発表した概念。65歳以上の高齢者が集落人口の50%を越え、独居老人世帯が増加し、冠婚葬祭など集落の社会的共同生活の維持が困難な状況におかれている集落をそう呼んだ。

 また、大野教授は65歳以上の高齢者が自治体人口の半数を超え、住民税など税収入の減少と高齢者医療・福祉関連の支出の増大という状況の中で、財政維持が困難な状態に置かれた自治体を「限界自治体」と呼んでいる・・・[more]
【写真】廃屋

大野教授

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にコメント]    <「NPOな生活録」より> 

 ヤフーのニュースを見ていて見慣れない言葉を目にしたので記事を読んで見た。それは過疎地域よりもっと深刻な、社会的生活が困難なほど人口が少なくなってしまった地域の記事で、田舎の生活の現状が垣間見えた。

 都会に住んでいると都会の生活のスピードに流され、いろいろな大切なことを忘れてしまいそうになる。人間の生活は自然と切り離され、自然を知らない人が増え、そんな人たちが社会を形成していく。

 これではどんどん自然離れが加速してしまう。もっと自然に意識を向けなければ・・・。
[PR]
by shizen100s | 2006-01-20 06:39 | ネットワーク

何があったのか? 魔の1月10日・火曜日!

■アクセス数について

a0051612_6275568.jpg ブログへのアクセス数は、ブログ発行者には、分る仕組みになっています。

 エキサイトから発行している、このブログ:バーチャル[こうち自然村]への1日のアクセス数は、おおむね20件から30件です。現在は、発行サービスを停止している「メルマ!」から発行していたとき(平成17年11月まで)は、1日のアクセス数が500件から800件もあり、1ヶ月に2万件に達することもありました。

 アクセス数のカウントについては、配信会社によってカウントの仕方が違うようで、エキサイトについては、実際のアクセス数より少なく、メルマについては過大な数字が表示されたように感じています。

a0051612_6282545.jpg その辺りのことについて、詳しいこと(「アクセス数の実態」)をご存知の方に、ご教示願いたいものですが・・・「両・西やんズ」「けんちゃんA&B」如何でしょうか?

 いづれにせよ、アクセス数によって、どうということもないのですが、去る1月10日には、何があったのか、アクセス数がなんと1日で『153,687件』に達していました!コンピューターが壊れたのでしょうか?あるいは、どこかの証券会社のように、桁を間違えて、入力したのでしょうか?

 ことの真相はわかりませんが、ネットワークを構成する関連ブログもアクセス数が大幅にアップしていました。が、当然ながら、あまり関連のないブログは、いつもどおりのアクセス数。アクセス数アップのキーパーソンは、バーチャル[こうち自然村]の村長さん大野晃氏、キーワードは、「大野教授・限界集落・四万十川」と推測しましたが、本当のところは???

 しかし、どのキーワードにも関連する「四万十川新聞【日曜版】」が、いつもどおりのアクセス数というのが腑に落ちません。

 このことで、何か情報をお持ちの方は、ご連絡をお願いします。

◆1月10日のアクセス数

バーチャル[こうち自然村]  153,687件
ブログフォーカス           843件
四万十通信             737件
四万十川百人一首         397件
おおのたまらん山・里         80件
土佐/ミニ見に/紀行          40件
四万十川新聞【日曜版】        33件
土佐の森・救援隊           29件
四万十川の文化人           8件
[PR]
by shizen100s | 2006-01-13 06:28 | ネットワーク