里なびミニシンポジウム&研修会

■里地里山保全のしくみづくり

             (情報発信元:NPO土佐の森・救援隊

a0051128_2112727.jpg

 四国では、里地里山保全活動が徐々に増えてきました。その中でも今注目したいのは、大学生による保全活動への参画です。

 大学における研究の位置づけ、大学生が参画する動機と意義、保全活動の成果と今後の展開について、愛媛大学、高知大学と森林の整備、焼き畑の復活、地域の活性化をめざす「土佐の森・救援隊」「焼畑による山おこしの会」「わしの里元気村」の3団体の方々に語っていただき、大学等と連携した里地里山保全のしくみづくりについて研修します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■研修会の概要

・日時 2008年3月22日(土) 集合9:30 解散16:00
・場所 木の根ふれあいの森(高知県吾川郡いの町)
・主催 環境省自然環境局

パンフレット(ブログ:四万十通信)

******************************
[レポート]

■高知県で行われたミニシンポの詳細は、環境省のHPから・・・
a0051612_635250.jpg

活動レポート(環境省)
[PR]
by shizen100s | 2008-03-04 09:04 | 地域おこし
<< イベントのお知らせ こうち森林救援隊活動報告 【第9回】 >>