ダブル受賞記念式典

a0051612_14394054.jpg

 NPO土佐の森・救援隊は、『こうち山の日賞』(四国森林管理局、四国4県主催)と『間伐・間伐材利用コンクール』(林野庁主催)の入賞、と立て続けに栄誉ある賞を受けました。このダブル受賞を記念して、記念式典(「ダブル受賞の報告会」及び「記念講演会」)を開催します。

・日 時 : 平成18年12月16日(土)午後3時ー5時
・会 場 : かるぽーと(高知市九反田)9F第2会議室

■ダブル受賞報告会

・報告者 : 橋詰寿男氏(NPO土佐の森・救援隊理事長)

■記念講演会

・演 題 : 「これまでの森づくり、これからの森づくり」
・講 師 : 半田州甫氏、西田政雄氏&中嶋健造氏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(講演会の講師プロフィール)

■半田州甫氏:(株)とされいほく副社長。

a0051612_14403765.jpg 同社は「豊かな森林の創造」により、森林所有者や林業関係者に「林業収益を還元」すると共に「森林の公益的機能の維持増進」を図り、これによる「地域林業の振興と地域社会の持続的な発展」を基本理念として、「利用間伐の推進」を軸に事業を展開しています。

 特に、現在問題となっている、間伐の遅れた過密林分を早急に解消しつつ、採算性を確保するための手段として「強度間伐」と「事業地の集団化による大ロット化(団地化)」、「合理的な作業システム(H型架線集材)と機械化による省力化」に取り組んでいます。

 環境と経営の両立を目指した林業経営の事例として、全国から多くの視察者が訪れています。

第3セクター(株)とされいほく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西田政雄氏:NPO法人我が家を見直す会事務局長。

a0051612_14531972.jpg 同NPO法人は、住宅問題(健全な建物造りと住宅問題被害者支援)と、その基となる森林環境をテーマに、実践的な間伐事業を通し、河川環境や中山間地域問題を考え、高知県の山と街をつないでいく活動をしています。

 また、西田氏は、インターネット防災ラジオ番組の製作、ブログ(「西やんのNPO奮闘記」)での情報発信、住宅の防災対策から自主防災組織設立サポートまで、幅広いNPO活動に取り組んでいます。

 その取り組みの中で、森林環境税に関連して、独自の二つの新税導入を提唱しています。そのひとつが「放置森林重加算税」、さらに「県外木材および軽量鉄骨住宅とマンション購入への環境負担税」を新たに展開し、森林・林業界にセンセーショナルな話題を提供しています。

NPO法人我が家を見直す会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中嶋健造氏:NPO法人法人土佐の森・救援隊事務局長。

a0051612_14442838.jpg 同NPO法人は、県下各地の森林ボランティア組織、団体へのより専門的な林業技術指導、財政的支援、森林ボランティア活動のノウハウの伝承等を行うことを目的に結成されました。

 森林保全ボランティア活動を、森林ツーリズムなど地域づくり、地域おこしの一環と位置付け、都市部と山村地域の交流をすすめ、都市部からの交流団体を積極的に受け入れています。その交流の掛け橋として森林証券制度(地域通貨券と森林ファンド)を導入しています。

 また、メイン活動の間伐は、環境・産業の両問題を考慮した森づくりを目指しており「間伐は、間伐材を利用してこそ意義がある!」を隊是、活動方針としています。そういうことから間伐材は、簡易作業道を作設し、林内作業車、軽架線を駆使して、作業効率には無頓着に(これがボランティアの強みですが・・)人海戦術もいとわず、可能な限り集積・搬出をしています。

NPO法人土佐の森・救援隊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダブル受賞(ブログ:「四万十通信」より)

◆記念式典参加申し込み及び問い合わせ先
 NPO土佐の森・救援隊事務局(中嶋)
 電話 090ー8973ー5752
 【メール】
a0051128_6312959.gif

***************************

■ダブル受賞記念酒:『10時までよ!』(四万十太郎)

a0051612_14451176.jpg 須崎市の須崎駅前「酒のとくひさ」が、NPO土佐の森・救援隊のダブル受賞(四国山の日賞&間伐・間伐材利用コンクール入賞)を記念した清酒『10時までよ!』を販売しています。

 徳久酒店はNPO土佐の森・救援隊の第1号の賛助会員で、店舗で、直接モリ券が使用できるほか、ネットでも、モリ券と地酒との交換にも応じています。また、『10時までよ!』の原酒『四万十太郎』は、販売価格の1%を森づくりのために寄付しており、土佐の森・救援隊へは「協賛金」として支援しています。1.8Lは5モリ、720mlは2モリで交換できます。

 また、『10時までよ!』のラベルは、同店専務の徳久和宏さん(36)が隊員の似顔絵を添えてデザインしました。

 徳久さんは「森林の大切さを、お酒を飲みつつ理解していただければ」と話しています。

◆土佐の地酒『10時までよ!』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[おしらせ]

 ダブル受賞を記念して、記念式典当日に限り、ダブル受賞記念酒『10時までよ!』(720ml)、及び土佐の森・救援隊オリジナルの『ダブル受賞記念の特製・Tシャツ』を、それぞれ、1モリで交換します。

 また、当日は、モリ券と交換できる、いの町の地場産品を色々と用意しますので、モリ券を持っている方は、是非とも、会場に、ご持参下さい。(事務局)
[PR]
by shizen100s | 2006-11-21 14:45 | ネットワーク
<< 企画提案:歴史・文化で地域おこ... 移動式製材機の実演&使い方の指導 >>