四国の森づくりinえひめ山の日の集い(11月11日)

■四国山の日賞

a0051612_7182393.jpg 「四国山の日」の制定記念シンポジウムが11月11日、愛媛県内子町で開催されました。四国4県から森林ボランティア団体、行政機関など関係者、約300人が出席。

 「森での安全推進」、「森林と親しむ」、「地域材利用」、「森づくり」の4テーマについて話し合いが行われました。

 高知県が提唱した、11月11日の「四国山の日」にあわせて、四国の各県が持ち回りで開催しているものです。平成16年の高知県、徳島県に続いて、愛媛県での3回目の開催となったもの。四国森林管理局、四国の4県などの主催。

 式典では、今回初めて制定された「四国山の日賞」「森の俳句コンクール」などの表彰式が行われました。栄えある第1回目の「四国山の日賞」を受賞した、NPO土佐の森・救援隊の橋詰理事長が木製の表彰状を受け取りました。

 記念講演として、愛媛大学農学部の末田達彦教授が『地球環境の保全に果たす森林の話題』という演題で、スライドを使って地球環境と森林との関わりを、楽しく、かつ素人にも分かりやすく解説しました。

a0051612_7185376.jpg 森の交流会では、高知県からは唯一、団体での参加となったNPO土佐の森・救援隊の中嶋事務局長が「森の交流会」(安全推進部会)で、土佐の森・救援隊オリジナルの「森林ボランティア技術認定制度」及び「森林ボランティア作業安全基準」などを報告。

 また、翌日(12日)は、愛媛県の指導林家、山田豊氏の所有山林で、間伐の実践研修会が行われ、高知県の「土佐の森・救援隊」の講師陣が、チェンソーの取り扱い、間伐・及び係り木の処理の仕方についての安全作業講習を行いました。

NPO土佐の森・救援隊が「四国山の日賞」を受賞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]<里山’sBarーおおのたまらん!土佐の山・里ー>

■四国山の日賞
a0051612_7195549.jpg
 四国山の日のイベントが愛媛県内子町で開催されました。そこで土佐の森・救援隊が四国山の日賞を受賞しました。【写真】は受賞へ颯爽と歩く橋詰会長です・・・[more]
[PR]
by shizen100s | 2006-11-14 07:21 | ネットワーク
<< 移動式製材機の実演&使い方の指導 企画提案:歴史・文化で地域おこしを! >>