間伐研修会(9月24日・いの町本川)

■これならできる山づくり<人工林再生の方法:鋸谷式間伐>
             (情報発信元:NPO土佐の森・救援隊
a0051612_5301542.jpg

 人工林を手入れせずに放置しては木の価値はあがりません。「急傾斜地の人工林を経済林としての価値を高めると同時に環境林としての機能を効率的に高める」という課題を考えてみませんか。森林環境税による「こうち山の日推進活動」の一環として間伐研修会を行います。

 今回の間伐研修会は、「鋸谷式間伐の実践活動」として、現地でじっくりと鋸谷式間伐方法を勉強します。是非、ご参加下さい。

 NPO土佐の森・救援隊では、いの町本川で「未来の森づくりプロジェクト」として、上記の課題を実践し、モデル林を創っています。

 未来の森では、「大正町方式の作業道」を、どんどん作設しています。また、経架線などで林地残材を搬出する、NEDOの「バイオマス収集搬出実験事業」にも取り組んでいます。一緒に、地球環境にやさしく、経済林としても価値のある「ほんものの山づくり、森づくり」を考えてみませんか。

・日 時 : 9月24日(日曜) 9時から15時
・場 所 : いの町本川「未来の森」
・参加費 : 無料

◆申込み/問い合わせ(主催)
 NPO土佐の森・救援隊事務局 (中嶋
TEL 090-8973-5752 FAX 088-891-6639
メール kochishizenmura2@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]  <メルマガ:四万十森林記行>

■鋸谷式間伐(「新・間伐マニュアル」より)

a0051612_595358.jpg 「より太く、より長く、より多く」という林業を追求し、必要以上の長さと材積を求めた結果、多くの人が過密な人工林が普通の状態だと勘違いしはじめました。

 過密な林分と下層植生豊な山、というのは、よほど特殊な場所を除いては両立しません。木材生産の視点では、すばらしく手入れされた山も、「鋸谷式・植生荒廃判定表」では、「不健全な森林」に入る場合があります。

「植生の荒廃森林」は間伐手遅れで、林床の植生もなく、根が洗われている人工林(線香林)をイメージしてください。「不健全な森林」「植生の荒廃森林」を甦らせるのが「鋸谷式間伐」です・・・[more]

鋸谷式間伐マニュアル

◆「鋸谷式間伐」の関連記事が、次の「メルマガ:四万十森林記行」【登録】に掲載されています。

 メルマガ・四万十森林記行 第097号(15.10.07)

 メルマガ・四万十森林記行 第098号(15.10.07)

 メルマガ・四万十森林記行 第130号(15.12.30)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〔情報の森〕コーナー

a0051612_5102181.jpg 四万十川源流点の国有林で行なわれた植樹祭での「森づくりの様子を撮った写真」です。巻き枯らし間伐をしている所で、グルリと見事に皮を剥いでいます。やがて、このスギは枯れるでしょう。生きとし生きるものの「生命の愛しさ」を微塵にも感じることができない、何とも哀しい風景です。

 鋸谷氏が言うところの形状比(注1)が85以上の間伐手遅れ林分(線香林:注2)ならともかく、四万十川源流点付近の間伐が多少遅れた(注3)だけのそこそこ「健全な森林」で、森づくりのお祭りとして「巻き枯らし間伐」を行なうことは、こよなく山を愛する真摯な林業人なら、誰でもが首を傾げたくなります。
             「メルマガ・四万十森林記行 第098号」より
[PR]
by shizen100s | 2006-09-04 05:10 | ネットワーク
<< 噂の地場産品(メジカの新子) 企画提案:歴史・文化で地域おこしを! >>