歴史・文化で地域おこしを! (四万十川の「文化の香り」編)

■バーチャルで、四万十川の「文化の香り」を世界に発信!
a0051612_531913.jpg

◆四万十川有情

 攻めの漫画文化活動の記録『それは新荘川からはじまった・・・』(副題:追手筋の「日曜市軒先まんがギャラリー」が生れるまで)を、四万十通信に、20回シリーズで連載した「SK企画」が、今度は、四万十川新聞に、作家・幡多山正太郎氏(四万十氏具同)の書下ろし小説、及び画家・不破川愚童斎氏(四万十市不破)の挿絵漫画による『新聞小説』の企画を発表。

 新聞小説の第1弾は「ゴルゴ13の墓を四万十川に・・・」(四万十川新聞【日曜版】に好評連載中!)ですが、第2弾は映画シナリオ風小説「寅さんが四万十川へやって来る・・・」を予定。

 新聞小説の企画記念として四万十川新聞では、『四万十川漫画大会』を不破川氏の監修で、開催(バーチャル)する事になりました。現在、四万十川漫画大会事務局では漫画を募集中!サイトでは、とりあえず不破川氏の挿絵漫画個展を開催しています。

 同じく四万十川で四万十川百人一首を編纂している山藤花氏(四万十市百笑)は、四万十川の文化人、小谷貞広氏の監修による『四万十川百人一首』を開催中(バーチャル)。現在、全国から四万十川の短歌を募集しており、7月末で、編集局には、約70名からの応募があり、あと百人まで30名。来年3月末の「百人一首完成!」が危ぶまれています。是非の応募を・・・。

a0051612_5313978.jpg また、バーチャルで、地方の全国紙『四万十川新聞』を配達しているのは、四万十太郎氏(四万十市京町)。四万十川百人一首の山藤花氏も編集のボランティアをしています。Eメールによる「本家版」はもちろん、週刊誌の【日曜版】には、テーマごとの短歌や俳句、川柳、詩、写真、音楽、出放題まで、四万十川の「文化の香り」が満載されています。

 さらに、四万十川新聞関連では、写真集:四万十川新聞(「募集:暑中見舞い写真集」も季節限定で企画されています!!)歴史特集:竜馬が四万十川にゆく、などの企画ものが配達されています。なお、四万十川新聞には「読者の広場」という人気コーナーがあります。是非の投稿を・・・。

【写真】だいちゃんに、四万十川の「文化の香り」を届ける、四万十太郎氏

攻めの漫画文化活動の記録

四万十川漫画大会

四万十川短歌大会

四万十川百人一首

四万十川の文化人 小谷貞広

四万十川新聞

四万十川新聞【日曜版】

写真集:四万十川新聞

写真集:暑中見舞い!

歴史特番:竜馬が四万十川にゆく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]  <ブログ:「だいちゃんぜよ」より>

■四万十川百人一首のお誘い(7月14日)

a0051612_532281.jpg 14日朝、メールボックスを開けてみると、「四万十川百人一首」に応募しませんかとの、お誘いのメールが届いていました。

 メールの主は、四万十川周辺で、通算5年の勤務経験を持つ方で、来年定年を迎えるのを機会に、何かと人生を楽しませてくれた、四万十川への置きみやげにしようと、「四万十川百人一首」という企画を、去年スタートさせました。

 主にはネットを通じての募集で、すでに、全国の有名無名の歌人から、60首ほどの歌が寄せられていますが、来年3月の定年という締め切りまでに、100首が揃うかどうか微妙になってきました。

 そこで、知事にも詠み手の一人として、「四万十川百人一首」に、是非とも参加してほしいと言うのが、メールの趣旨でしたが、あいにく、その手の素養が全くありませんので、とりあえず、期待をしないで待っていて下さいと答えるしかありませんでした。

 投稿された和歌は、「四万十川百人一首」のブログに公開されていますので、関心のある方は、下記のブログを開いてみて下さい。

 ブログ「四万十川百人一首」
 
だいちゃんぜよ
 
[PR]
by shizen100s | 2006-08-23 05:32 | ネットワーク
<< 土佐のアマチュア漫画家による『... こうち市民の森・プロジェクト(... >>