旧中村市の市花は・・・藤

a0051612_844337.jpg
 毎年、5月のGWに、
四万十市(旧中村市)で、「土佐一條公家行列」"藤祭り"が開催される!

 京都の葵祭の公家行列に倣って行われるもので、室町時代の衣装を身にまとった参加者らが市内を練り歩く。

 それぞれ役職に応じた色とりどりの衣装は時代絵巻さながらで見応え十分!

◆藤紫

 藤色(紫色)を「絵の具」で描く時…「赤」と「青」を混ぜる!

 その時の分量が「赤」の割合が多いのと、「青」の強い紫とでは雰囲気が違ってくる!「京風」と「江戸風」である!

 藤の花は「種類」や「木」によって「風合い」が大いに違う!
 しかし、その色の違う木が群生してそれを遠くから見ると「淡い一色」になる!

 「個性」と「多数」の集約がここにある!

         (「四万十川新聞」より)

◆土佐一條公家行列「藤祭り」 (高知県四万十市)
a0051612_18285266.jpg

・日時:平成18年5月3日(祝)
・場所:四万十川河川敷~四万十市街地

四万十花まつりキャンペーン
 
[PR]
by shizen100s | 2006-04-21 08:04 | 地域おこし
<< 歴史・文化で地域おこしを!(漫... 森づくりプロジェクト(いの町本... >>