歴史・文化で地域おこしを! (新聞編)

a0051612_5505798.jpg■四万十川新聞

 四万十川には、ユニークな新聞があります。その名もずばり、地方の全国紙「四万十川新聞」。地方の全国紙といわれる所以は、配達が全国区ということもさることながら、地方紙「高知新聞」にはない併刊の「週刊誌」があることです。その、噂の「四万十川新聞」とは・・・[more

◆週刊誌:四万十川新聞【日曜版】創刊号
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ひとくちメモ]

■日本最後の清流・四万十川

a0051612_545223.jpg 四万十川は天下に比するものなき清流として世に知られている。しかも、この名川は美しい自然に和して、常に清澄さを研き、鮎、ゴリ、川えび、など川魚の宝庫ともたたえられつつ、流域の人たちに、多大な恩恵を与え続けてきた。

 まさに神なる守護によって保たれた、日本最後の清流といってよい。つまり四万十川は、失われていくこの国の、自然環境の中で、唯一清流を後世に残すべく嘱望された、最後の砦としての運命をも担う、象徴的存在なのである。(大滝貞一)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]    <ぷらっとこうち

■「四万十川新聞」のあらまし

 四万十川新聞は編集長「四万十太郎」さんが、面識のある方へ、Eメールで、ほぼ毎日送っています。「何のために・・?」といいますと・・・

a0051612_5533799.jpg『親しい方へは「太郎の健在報告」、それなりの方へは「四万十川の近況報告」です。いずれにしても「四万十川を思い出して貰いたい」と祈りながら、毎日、毎日送っています。が、時々、いや、かなり脱線します。日刊は大変とお思いでしょうが、太郎の朝は早い。新聞を読み、メールを読破し、朝ドラ見ながら朝食。メールと朝ドラの間・・、約1時間の空白に「四万十川新聞」を作ります。そうです!「四万十川新聞の作成は”朝飯前”」なのです。』

 というのが四万十太郎編集長の弁です。発行部数は、全国、いや海外まで含めて、1000部以上ということですが、確かめた人はいません。購読料は無料で、メールで申し込みをすると、すぐ配達されるはずです。

 高知県は四万十川の自然、環境、文化を守るため「四万十川条例」を作りました。四万十川新聞を読んで、四万十川について、熱く語りましょう!(で、「返信」が続々・・のはずですが、果たして?)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ブログフォーカス]

四万十川百人一首
a0051612_5593759.jpg

 四万十川の百風景は、地域永住者の眼と旅行者の着眼が相侯った、新鮮な四万十川を「歌枕」とした歌になる。四万十川への想いが詠みこまれた、これらの歌により、一人でも多くの人が、清流を心のふるさととして敬愛してくれることになれば・・・、

 清流四万十川よ、永遠なれ・・・、
   と祈らずにはいられない。(大滝貞一:四万十川秀歌百選/選者)

ブログ:四万十川百人一首

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[編集後記]
a0051612_5473752.jpg
 
【写真】沈下橋の上の2人 (四万十川新聞【日曜版】[18.1.29]より)

  花子は写真を見て、若い二人の「恋の始まり」を感じるという!
  太郎は写真を見て、「もつれた恋の終り」を連想する!

 四万十川新聞は、Eメール(BCC)にて友人知人に送ってます!四万十川の現況と、四万十太郎の健在を報告しているつもりです!が、お仕事の邪魔になる場合はご一報下さい!(四万十太郎+花子) 【メール】      
[PR]
by shizen100s | 2006-02-22 05:47 | ネットワーク
<< 未来の森づくりプロジェクト記念... 未来の森づくりプロジェクト記念... >>