限界集落

a0051612_1943587.jpg■限界集落とは?

 平成3年当時、高知大学教授だった大野晃・長野大教授が発表した概念。65歳以上の高齢者が集落人口の50%を越え、独居老人世帯が増加し、冠婚葬祭など集落の社会的共同生活の維持が困難な状況におかれている集落をそう呼んだ。

 また、大野教授は65歳以上の高齢者が自治体人口の半数を超え、住民税など税収入の減少と高齢者医療・福祉関連の支出の増大という状況の中で、財政維持が困難な状態に置かれた自治体を「限界自治体」と呼んでいる。

◆大野教授の講演会(川での福祉と教育の全国大会

 日時 : 平成17年10月9日(日)
 場所 : 四万十市立中村公民館(四万十市)
 演題 : 限界集落(過疎と自然のバランス)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川の文化]

a0051612_19442265.jpg■「限界集落」の短歌   (大野 晃氏)

   四万十の川面に映るむら姿

     暮らし見つめて秋雲流る  (遊山)


 この短歌は、大野教授が、四万十川中流域の限界集落を訪れた時に作ったものです。このときの四万十川の限界集落での情景を綴った原稿とともに、直筆の色紙【写真】が、編集局に届きました。遊山は大野教授の号です。

◆短歌を作った時の背景は・・・
四万十通信 088」(10月8日9時配信)に掲載。【登録

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]

■大野村長  <バーチャル[こうち自然村]>

 [こうち自然村]の村長さんは、大野晃氏です。現在、長野大学の教授です・・・[more]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ブログ・フォーカス]

■四万十川・川漁師の風景
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[バーチャル・シンポジウム]

■テーマ:『京都議定書と森林問題』

基調講演 大野晃氏(長野大学教授)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川百人一首]

限界集落・大野 晃氏
[PR]
by shizen100s | 2005-11-15 19:36 | 地域おこし
<< 歴史・文化で地域おこし(漫画) 結成式(こうち森林救援隊) >>